サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド【乳児湿疹の治し方2】体をしっかり保湿する乳児湿疹ケアのために!正しい石鹸・ボディソープの選び方
ベビーローションやオイルなど~赤ちゃん用保湿アイテムの選び方

ベビーローションやオイルなど~赤ちゃん用保湿アイテムの選び方

ベビーローション、ベビーオイル、ベビークリームなど、赤ちゃんの保湿剤の選び方を解説。湿疹対策のポイントや選びたい成分などまとめました。

乳児湿疹対策の保湿剤の選び方

ベビーローション、ベビーオイル、ベビークリームなどの保湿アイテム選びのポイントは、大きく分けて4つあります。

その1:肌に優しい成分で安心して使える

ママのマッサージを期待する赤ちゃんの画像

ベビーソープと同じように、保湿剤を選ぶ際もお肌への優しさには一番にこだわりたいところです。

デリケートな赤ちゃんの肌に直接付けるものなので、香料、着色料、鉱物油、石油系成分、パラベンなどの危険性のある成分は無添加の、オーガニックコスメ系の製品がベスト。

潤い成分も、ホホバオイルやシア脂などの天然由来のものだと、浸透力も高く、赤ちゃんのお肌を傷めることなくしっかり潤すことができます。

その2:しっかり保湿ができて抗炎症作用もある

毎日使う保湿剤は、赤ちゃんのお肌を育てる重要な役目も持っています。保湿成分だけじゃなく、スキンケア成分も配合されたものがおすすめです。

中でも理想の成分が、カミツレ花エキス、ローズマリー、ラベンダーなど。これらの植物エキスには、皮脂バランスを改善したり、抗炎症、代謝促進などの作用があって、赤ちゃんの素肌力を根本から高めてくれます。

オーガニック原料であれば、より優れた植物のパワーを実感できると思いますよ。

乳液は、これだけで乳児湿疹が治る可能性も高いアイテムです。スキンケア効果にはとことんこだわって選んでみて下さい。

その3:湿疹対策にはベタつかないローションがベスト

赤ちゃん用の保湿剤は大きく分けて、ローション、オイル、クリームの3種類。日常のケアに使うなら、さらっとした使い心地のミルクローションが一番です。緩めのテクスチャーで伸びも良く、ベタつくことなく、しっかり肌に浸透して潤してくれます。

とくに乳児湿疹がある場合、皮脂が溜まることが主な原因なので、油分が残りやすいクリームなどは避けるのがベターです。

その4:容器が衛生的で使いやすい

オーガニックコスメなど、防腐剤が使われていないものは、肌に優しい反面、酸化しやすいのが欠点とも言えます。容器の衛生面にもこだわって選びたいですね。

中身が手や空気に触れるとより酸化しやすくなるので、直接触らずに使えるポンプ式などが安心です。

この条件で選んだ乳児湿疹におすすめのベビーローションBEST5≫≫

pagetop