サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド【乳児湿疹の治し方2】体をしっかり保湿する乳児湿疹ケアに絶対おすすめなベビーローション比較ランキング
馬油

馬油

馬油にはどんな効果があるのか、乳児湿疹に良いと言われる理由や、赤ちゃんへの正しい使い方などまとめています。

乳児湿疹に効果的と言われる馬油

乳児湿疹に馬油の正しい使い方乳児のアトピーや湿疹に効く保湿剤と言えば、馬油も有名ですね。馬油(ばーゆ)とは、馬のたてがみや尻尾の部分から抽出した天然オイルのこと。日本でも古くから食用や火傷の特効薬などとして親しまれていて、最近ではその美容効果に着目した化粧品も数多く販売されています。

どうして馬油が乳児湿疹におすすめされているかというと、

  • 浸透力が高く、毛穴の奥の汚れを殺菌できる
  • 馬油に含まれるα-リノレン酸が皮脂の分泌を抑える
  • 保湿効果が高い

ことなどが挙げられます。馬油には、殺菌、消炎、保湿、血液循環作用などの作用があって、ニキビや乾燥が原因の湿疹にはとくに効果が期待できるそうです。

また、ワセリンなどの人工成分と違って、食べられるくらい体に優しいので、赤ちゃんへの安全性の高さからも使用されています。

馬油の正しい使い方

市販の馬油100%のバームは、ぷるぷるとしたジェルのようなテクスチャー。伸びが良く、付けたそばからみるみる浸透して肌を潤してくれます。ただし、あくまでもオイルなので、乾燥がひどい部位や毎日のケアの仕上げとして使うのが正しい使い方です。

馬油だけだと、皮膚表面を保護することはできても、肝心の水分が足りずに、毎日のスキンケアには力不足と言えます。とくに皮脂が溜まりやすい赤ちゃんには、オイルだけでのケアはあまり向いているとは言えませんよね。

大人のスキンケアでも必ず化粧水を使うように、赤ちゃんのお肌にも、水分+油分を与えてあげることが必要です。きちんとお肌の基礎を作ってあげることで、湿疹の改善や将来の美肌にもつながりますよ。

植物エキス+植物オイルの両方が配合されたものとしては、ベビーローションが最も手軽で毎日のスキンケアにも適したアイテムです。まずはベビーローションでケアをしてから、必要なら馬油も利用して赤ちゃんのお肌をいたわってあげて下さいね。

毎日のスキンケアにおすすめなベビーローションBEST5≫≫

pagetop