サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド
赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは

赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは

乳児湿疹とは何か、症状、原因、ケア方法、できやすい部位などについて、それぞれくわしく解説しています。赤ちゃんの肌荒れに悩む方はぜひ参考にご覧ください。

乳児湿疹の症状、原因、ケア方法を徹底解説

乳児湿疹とは、カサカサやただれ、ニキビ、おむつかぶれなどの肌荒れや湿疹の総称のことを言います。皮脂が分泌しやすい生後1週間から4ヶ月くらいまでの赤ちゃんなら誰でもなる可能性がある症状で、とくに病気などの心配はありません。

かゆみやカサカサの症状を改善してあげるためにも、乳児湿疹の基礎的な特徴について見ていきましょう。

乳児湿疹の原因と種類

乳児湿疹には、大きく分けて、脂漏性湿疹、乳児性ニキビ、おむつかぶれ、あせもの4つの症状があります。それぞれの症状別に原因、ケア方法、治るまでの期間をご紹介。

乳児湿疹の原因と種類について詳しくはこちら≫≫

現れる症状

カサカサやかゆみ、赤いぐじゅぐじゅなど、一口に乳児湿疹と言っても症状はさまざまです。代表的な症状を挙げて、それぞれどんな種類の湿疹の可能性があるかまとめてみました。

現れる症状について詳しくはこちら≫≫

湿疹ができやすい部位

赤ちゃんの乳児湿疹は、頭から足まで全身にできる可能性があります。どこにできやすいか、湿疹ができる原因なども知っておくと早めに対処することができます。

できやすい部位について詳しくはこちら≫≫

どれくらいの期間続く?

乳児湿疹はいつまで続くのか、症状別に湿疹がでる時期と治るまでの目安の期間もまとめてみました。参考までにご覧ください。

どれくらいの期間続く?について詳しくはこちら≫≫

アトピーとの違い

乳児性湿疹と似た症状にアトピー性皮膚炎があります。どんな違いがあるのか、主な症状、出やすい時期、治療方法など、こちらもチェックしておきましょう。

アトピーとの違いについて詳しくはこちら≫≫

pagetop