サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは
乳児性湿疹とアトピーの違いを知ろう

乳児性湿疹とアトピーの違いを知ろう

乳児性湿疹と似た症状にアトピー性皮膚炎があります。どんな違いがあるのか、主な症状、出やすい時期、治療方法などまとめました。

乳児性湿疹とアトピーの違いとは

赤ちゃんを中心とした家族のイラスト

まず大きな違いに、症状が出る時期が挙げられます。生後4ヶ月くらいで自然に治まる乳児湿疹に対して、4ヶ月以降にあらわれる(続いている)のがアトピーの症状です。耳の裏側や耳たぶ、ひじ、ひざなどの関節部分が切れてしまったり、ジュクジュクになったりするのが典型的な症状。

最初は乳児湿疹だったとしても、炎症がおさまらずにそのままアトピーに移行してしまう場合もあります。

乳児湿疹の原因は主に「乳児期の皮脂の過剰分泌」と言われていますが、アトピーの原因は解明されていないのも違いのひとつです。

食物などのアレルギーが引き金になったり、遺伝的要素なども関係していて、完治までにはとても時間がかかってしまうのです。

また、かなりの痒みをともなったり、症状が全身に広がったりするのもアトピーの特徴なので、これらの症状を見つけたら早めに病院に行くことが大切です。

アトピーの疑いがあったら早めに病院を受診して

赤ちゃんにアトピーの疑いがある場合は、まずは皮膚科の先生に相談をしてみましょう。病院では、痒みどめの飲み薬を処方したり、ステロイドの含まれる軟膏と非ステロイド系の軟膏を組み合わせて治療を行うのが一般的です。

ただし、ステロイドはとても強い薬なので、どの段階の薬を使うのか、副作用の可能性など、気になることはしっかり質問をして、納得したうえで治療を行うことが大切です。

アトピーは病院によって治療方針もさまざまなので、いくつかのクリニックをまわって信頼できる先生を探してみると良いでしょう。

乳児湿疹もアトピーも日頃のケア方法は一緒

アトピーでも、乳児湿疹でも、自宅でのケア方法は基本的に同じになります。皮脂や汚れを取り除いて患部を清潔に保つこと、肌のバリア機能を高めるためにきちんとスキンケアを行うことが大切。万が一、アトピーだったとしても、これらの自宅ケアは必要不可欠と言えます。

中には、ステロイドの副作用に悩まされていたアトピーの子が、オーガニック系のコスメを使ったことで良くなったケースなどもあります。一概に病院での治療が正しいとは言えないのかもしれませんね。

赤ちゃんの一番の理解者は近くにいるお母さんです。毎日ケアをしながら、赤ちゃんのお肌の様子をしっかり観察してあげることが完治への近道と言えます。

しっかり洗えてお肌に優しいベビー石鹸カタログはコチラ≫≫

アトピー肌でもOKなおすすめベビーローションBEST5はコチラ≫≫

pagetop