サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは
乳児湿疹の原因と種類

乳児湿疹の原因と種類

ニキビやおむつかぶれなど、乳児湿疹の代表的な4種類について解説。それぞれの主な症状、原因、ケア方法をまとめてお伝えしています。

乳児湿疹の種類別に原因とケア方法を知ろう

お母さんと赤ちゃんと絵本

大人と比べると薄くバリア機能も弱い赤ちゃんの肌は、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなっています。赤くぷちっとしたニキビのような湿疹が出たり、お肌全体が赤く腫れ上がったり、おむつや汗などの刺激で炎症を起こすこともあります。

これらの肌荒れや湿疹の総称を「乳児湿疹」と言い、生後1週間くらいから4ヶ月頃までの赤ちゃんに多く見られます。

長くても1歳頃までには自然に治るものですが、お母さんが正しい知識を持ってケアしてあげることでツライ症状をいち早く改善してあげることができます。

ここでは症状別にそれぞれの原因とケア方法をご紹介します。

乳児脂漏性湿疹

生後4ヶ月くらいまでの赤ちゃんによく見られる乳児湿疹の代表的な症状。頭やひたい、眉毛、ほほ、あごなどが赤くなったり、黄色いフケのようなカサカサしたものができるのが特徴です。原因は過剰な皮脂分泌なので、洗顔をしてお肌を清潔に保ったり、赤ちゃんがかきむしらないよう工夫してあげることが大切です。

乳児脂漏性湿疹について詳しくはこちら≫≫

乳児性ニキビ

生後1週間から1ヶ月の赤ちゃんによく見られる乳児特有のニキビ。ほっぺやおでこに赤いぷつぷつができたり、顔全体が赤く腫れ上がることもあります。原因は、お母さんのお腹でもらったホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌してしまうこと。洗顔や保湿ケアをしっかりすることで、たいていの乳児性ニキビは改善します。

乳児性ニキビについて詳しくはこちら≫≫

おむつかぶれ(接触皮膚炎)

おむつが接触する部分が、赤くただれたり、あせものようにポツポツと湿疹ができるのが特徴です。他の湿疹とは違って、かゆみや強い痛みをともなうのでいち早く炎症は抑えてあげたいですね。お尻がムレて不衛生になることが原因なので、こまめにおむつを交換したり、毎日のお尻のケアも大切になってきます。

おむつかぶれ(接触皮膚炎)について詳しくはこちら≫≫

あせも

乳児のあせもは、首の周りや背中、おしりなど、汗をかきやすい部分に痒みをともなう赤い湿疹がでたり、透明や白色の水晶洋汗疹ができることもあります。原因は、汗を拭かずに放置すること。とくに赤ちゃんは大人の約3倍もの汗をかくので、夏場は汗をこまめに拭いて、スキンケアやお部屋の湿度管理にも気を配ってあげましょう。

あせもについて詳しくはこちら≫≫

pagetop