サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは乳児湿疹の原因と種類
乳児性ニキビ

乳児性ニキビ

多くの赤ちゃんが悩まされている乳児ニキビについて、主な症状、原因、治るまでの期間、ケア方法などをまとめました。

赤ちゃんによく見られる乳児ニキビの特徴

別名新生児ニキビとも言われる乳児ニキビは、生後1週間から1ヶ月の赤ちゃんによく見られます。見た目は大人のニキビと同じような赤いぶつぶつ状で、ほっぺやおでこ、ひどくなると顔全体に広がって赤く腫れ上がることもあります。

とくに新生児は新陳代謝がとても早いので、ひとつできるとあっという間に増えてしまいます。他の湿疹と比べると、痒みがないのも特徴のひとつです。

主な原因と治るまでの期間

ママとミルクを飲む赤ちゃん

乳児性ニキビができる原因は、お母さんのお腹の中でもらった男性ホルモンの影響と考えられています。男性ホルモンには皮脂の分泌を促進させる働きがあって、生後まもない赤ちゃんのお肌をニキビが出来やすい状態にしてしまいます。

とくに男の子の方が影響を受けやすく、女の子の約5倍もニキビが出来やすいと言われています。

通常は生後3ヶ月ほどでホルモンの影響が薄れて、皮脂の分泌が抑えられることで自然とニキビは消えていきます。

ただし、大人のニキビと一緒で無理に潰したりすると、ニキビの傷から雑菌が侵入して、また別の皮膚炎を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

 

ケア方法

乳児ニキビのケア方法として正しいものは以下の通りです。

ベビー用石鹸で洗顔をして皮脂を落とす

生後3ヶ月間は、一生のうちで最も皮脂の分泌が多い時期と言えます。ベビー用石鹸でしっかり洗顔して皮脂を落とすことで、新生児ニキビもほとんどが改善します。

理想は1日2回ほど、ニキビにも優しい無添加のベビーソープをしっかりと泡立てて、指の腹などの柔らかい部分で優しく洗顔してあげましょう。

おすすめベビー用石鹸を比較してみました≫≫

洗顔後はしっかり保湿をする

大人ニキビでも同じように、洗顔後は保湿をして肌の皮脂バランスを整えることも大切です。

とくに赤ちゃんの肌は薄くバリア機能も弱いので、安全性の高い天然由来のベビーローションがおすすめです。

赤ちゃんの体を優しく癒すベビーローションBEST5≫≫

汗をかいたらすぐに拭く

新生児ニキビの改善には汗も大敵。とくに赤ちゃんは汗をかきやすいので、ウェットティッシュや新生児用の汗拭きシートなどを使って、顔周りの汗はこまめに拭き取ってあげると良いですね。

爪を短く切っておく

ニキビに痒みはないので掻きむしる心配はないですが、念のために赤ちゃんの爪は丸く短く切っておくのが安心です。

枕やシーツを清潔に保つ

赤ちゃんの頬や顔がよく触れる枕やシーツは、唾液や汗などで汚れや雑菌がたくさん付いているものです。汚れはニキビの悪化の原因になるので、こまめに取り替えて清潔に保ってあげて下さい。

pagetop