サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは乳児湿疹の原因と種類
乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹

代表的な乳児湿疹のひとつ「乳児脂漏性湿疹」とは何か、主な症状、原因、治るまでの期間、ケア方法などを解説しています。

乳児脂漏性湿疹の症状とは

乳児脂漏性湿疹とは、生後4ヶ月頃までの赤ちゃんによく見られる首から上の部位にできる湿疹のことです。頭やひたい、まゆ毛、ほほ、あごなどが赤くなったり、黄色いフケのようなカサカサしたものができることもあります。

名前だけ聞くと病気のような気もしてしまいますが、どの赤ちゃんにもかかる可能性があり、乳児湿疹の中ではニキビと同様に代表的な症状のひとつでもあります。

主な原因と治るまでの期間

ママと嬉しそうな赤ちゃん

乳児脂漏性湿疹の主な原因は、過剰な皮脂分泌と言われています。大人のニキビと同じように、本来お肌を守るはずの皮脂が毛穴に詰まることで湿疹ができてしまいます。

とくに乳児の場合、お母さんのお腹にいたときの女性ホルモンの影響で、生後4か月ぐらいまでは皮脂の分泌が盛んなことが関係しています。

ですので、4ヶ月を過ぎて皮脂の分泌が落ち着いたり、長くても皮膚のバリア機能がついてくる1歳くらいまでには自然に治ります。ただし、放っておくと、炎症を起こして赤く腫れ上がったり、ジュクジュクと膿みのように症状がひどくなってしまうことも…。

湿疹がでたら、なるべく早く赤ちゃんの症状が悪化しないようにケアしてあげることが大切です。

ケア方法

乳児脂漏性湿疹のケア方法として正しいものは以下の通りです。

赤ちゃん用の石鹸で優しく洗う

皮脂汚れが原因の乳児脂漏性湿疹は、よく泡立てた石鹸で洗浄してあげるのが一番です。石鹸は頭から体まで安心して使える赤ちゃん用のオーガニックソープがおすすめ。

入浴時にもこもこの泡を作ったら、お肌全体を指の腹でくるくると撫でるように優しく洗ってあげましょう。皮脂や汚れを取り除くことで徐々に炎症が引き、軽い症状であれば、これだけで治ってしまうこともあります。

赤ちゃんの体洗いにオススメの石鹸&ボディソープまとめ≫≫

保湿後は必要以上に触らない

入浴後は低刺激のベビーローションや軟膏でしっかり肌を保護して、その後はなるべく患部に触らないようにします。とくにかさぶたなどは、ついはがしたくなるものですが、無理に取ると症状の悪化につながります。

掻きむしらないように爪を切る

患部を傷つけないためには、赤ちゃんの爪も丸く短く切っておきましょう。どうしても掻きむしってしまう場合は柔らかいミトンを付けてあげて下さい。

温度や湿度にも気を遣ってあげよう

通常赤ちゃんがいるお部屋は温かく保つものですが、湿疹がある際は湿度を低く保ったやや涼しめの環境が最適です。とくに夏場はこまめに除湿をして、患部はやや乾燥気味にすると治りが早いようです。

また、赤ちゃんの体温を上げ過ぎないことで、赤ちゃん自身も痒みを感じにくくなります。

pagetop