サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは乳児湿疹の原因と種類
おむつかぶれ(接触皮膚炎)

おむつかぶれ(接触皮膚炎)

おむつかぶれ(接触皮膚炎)の主な症状や原因、ケア方法などをまとめています。乳児寄生菌紅斑との違いについても解説。

おむつかぶれ・接触皮膚炎の症状

おむつかぶれは、おむつにおおわれた部分の皮膚が炎症を起こす「接触皮膚炎」とも呼ばれる症状です。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹ができたり、ウエストや太ももまわりのおむつギャザーによるかぶれも、症状のひとつです。

他の乳児湿疹との大きな違いは、炎症にかゆみや痛みがともなうこと。夏場はあせもと間違われることも多いですが、お尻をふくときに痛がって泣く場合は、おむつかぶれの可能性が高いです。

主な原因・治るまでの期間

悲しそうな赤ちゃん

おむつかぶれの主な原因が、おしっこやうんち、汗などによって、お尻がムレたり、不衛生な状態が続くこと。常におむつとぴったりくっついているお尻の皮膚は、もとも刺激に弱く、細菌の多い排尿物や汗が溜まるだけで、たちまち炎症を起こしてしまいます。

お尻を強く拭き過ぎてしまった場合や、便が柔らかい赤ちゃんほどなりやすいとも言われています。

通常は、お尻を清潔に保つなどの正しいケアを行えば、早くて1週間以内、長くても3ヶ月程度でおさまると言われています。

ただし、おむつかぶれのケアをしても一向に良くならなかったり、あまりに症状が長引く場合、「乳児寄生菌紅斑」というカンジタ(カビ)による感染症の可能性もあります。特徴としては、おむつが触れていないしわ部分も赤くなること、ぷつぷつと点状に炎症を起こすことなど。

このような症状を見つけたら、おむつかぶれと同じ対処法では悪化してしまうこともあるので、早めに病院を受診しましょう。

ケア方法

おむつをこまめに交換する

おむつかぶれは、お尻のムレが一番の原因なので、こまめにおむつを交換することが最も大切です。おむつは、触ったかんじが柔らかく、通気性の良いものを選びましょう。

布おむつと紙おむつでは、どちらがかぶれやすいということはなく、こまめえに替えることが何より肝心なのです。

お尻を常に清潔に保つ

おむつ交換の際は、ベビー用のガーゼをぬるま湯で浸してお尻を拭いたあとに、少し乾燥させてからおむつをしてあげましょう。

炎症があるときは、市販のお尻拭きよりかは、刺激の少ないガーゼがおすすめ。また下痢をしているときは、とくにかぶれやすいので、交換のたびに水やシャワーで流すようにすると良いです。

保湿をする

軟膏やベビーローションなどは、必ず入浴後、肌が清潔な状態で使用します。保湿をすることで、おむつかぶれで傷付いた肌のバリア機能を高める効果があります。

おむつかぶれに効果◎なベビーローションランキング≫≫

下痢や軟便状態を改善する

母乳で育てている赤ちゃんの便は、もともと柔らかくなりやすいので問題はないです。

ただ。あまりに下痢が続く場合は、おむつかぶれの原因にもなるので、病院に行ってきちんと受診してみて下さい。

pagetop