サイトマップ

わかりやすい乳児湿疹ガイド赤ちゃんとママを困らせる乳児湿疹とは
乳児性湿疹で現れる肌トラブルの症状

乳児性湿疹で現れる肌トラブルの症状

一口に乳児湿疹といってもその症状はさまざま。かゆみやカサカサなどの代表的な症状を挙げて、それぞれどんな種類の湿疹の可能性があるかまとめてみました。

かゆみやカサカサ…こんな症状は乳児湿疹のサイン!

赤ちゃん指示棒

  • 顔全体がカサカサした状態になる

夏場でも粉をふいたように肌が乾燥したり、カサカサが続く場合、乳児脂漏性湿疹の可能性があります。

  • ニキビのような赤いポツポツができる

顔にできる場合は、乳児性ニキビか、乳児脂漏性湿疹がほとんど。ニキビよりやや小さいサイズのぽつぽつが首や腰、おしりなどにできる場合は、あせもの場合もあります。

  • 顔全体が赤く腫れ上がる

乳児脂漏性湿疹か、新生児ニキビが悪化した場合も顔全体が赤く腫れることがあります。

  • 腫れが出た部分をかゆがっている

かゆみが出るものの代表としては、乳児脂漏性湿疹、あせもおむつかぶれなどが挙げられます。とくにおむつかぶれは、ひどい痒みや泣くほどの痛みを伴うことも。赤ちゃんがかきむしると、症状も悪化してしまうので早めに対処してあげましょう。

  • おしりがただれる

ほとんどがおむつかぶれですが、あせもによってただれることもあります。

  • 頭皮に白いフケのようなものが出る

乳児脂漏性湿疹の代表的な症状のひとつ。手でカンタンにはがれるので、ついはがしたくなりますが、無理にはがすと症状が悪化してしまうこともあるので要注意。

  • 顔や体に白い湿疹がでる

髪の生え際や首筋、お尻、背中などに見られる真ん中が透き通った湿疹は、水晶洋汗疹と呼ばれるあせもの一種。かゆみや痛みは一切ないのが特徴です。

  • 赤くグジュグジュしている

乳児脂漏性湿疹、ニキビ、おむつかぶれ、あせも、いずれの場合も、症状が悪化するとこのような状態になります。細菌により化膿していたり、感染症の疑いもあるので、発見したら自分で対処する前に病院を受診しましょう。

pagetop